ロシアの対日強硬策

 ロシアのラブロフ外相が、日本に対して今まで以上に厳しい言動をしています。  ここ数か月、安倍総理は自身の手で北方領土問題を解決し、日ロ平和条約を締結すると何度も口にし、ロシアに秋波を送り続けています。改憲がなかなか難しいため、日ロ外交で功績を残したいのかもしれません。そのため、ロシアも日本の譲歩を迫れると見越して、比較的前向きな姿勢を見せていました。  そしてここ最近は2島で決着も…

続きを読む

EU離脱案はいかに

 イギリス議会でEU離脱案の可否が採決されます。  国民投票で離脱という意思が示されたため、離脱に当たって、そして離脱後のイギリスとEUの関係について、イギリス政府とEUが交渉し、まとめたものがこの案になります。そのため可決されればこの案の通り離脱できますが、否決されれば合意案なしの離脱となり、イギリスにとっては多少の優遇も無くなります。EU圏外の普通の国になるということです。  そ…

続きを読む

ポーランドでもファーウェイ幹部が逮捕される

 カナダでファーウェー幹部が逮捕されて中加間の外交戦争になっていますが、ポーランドでも逮捕されました。  カナダでの逮捕はアメリカの要請に基づくもので、アメリカは現在、中国と貿易戦争の最中にありますので、政治的な臭いは否定できません。しかし、ポーランドはアメリカにも中国にも特段偏っているわけではなく、一方の肩を持ってもあまり得することはないと考えられる国です。そのためポーランドによる逮捕は…

続きを読む

文大統領の開き直りと軍部の隙間風

 韓国の文在寅大統領は新年の辞で、日本がもっと謙虚になるべきだと述べました。  この一文がピックアップされていますが、他に司法の判断だから政府はどうしようもないとも述べています。つまり、徴用工問題に対して政府は行動を起こすつもりはないと宣言したことになります。もともと知日派の李首相に対応を丸投げしていましたが、これで大統領はこの問題に対して何もしないということがはっきりしました。  …

続きを読む

沖縄の新聞事情

 内地にいると沖縄の新聞はリベラル側に偏っているとネットで叩かれていますが、なぜそうなるのかについて考えてみたいと思います。  沖縄には県域紙として「沖縄タイムス」と「琉球新報」の2紙があり、他に宮古、石垣に地域紙もあります。県域紙が2紙というのは他の都道府県では福島県くらいしかないのではないでしょうか。2紙あるだけでも驚きですが、さらに離島の地域紙があるのも驚きです。離島の地域紙は他では…

続きを読む